現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は

現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は多くなってきているのです。
さらに、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを手がけています。
このような事例の場合は、その企業の社員として入社するといったこともあるようです。
高校入学時に衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最速で看護師になれるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても進路を変えるのは簡単なことではありません。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いので勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。
看護師の国家試験に合格することよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させられるそうです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して迅速に行動することが大切です。
それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。修学旅行やツアーなどに随行して、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。
既婚で子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤がないという職場を希望しています。病院以外を職場とするのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても変わってきます。仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師の資格を取るには、何通りかのコースが挙げられます。
看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習することが必要です。看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。
看護師不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。
看護士を志望する理由は何がきっかけで実際に看護師になりたいと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合、その理由は今までに培ったスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
以前の職場への批判などは言わないようにしてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ